RIEKO AIZAWA


Japanese pianist Rieko Aizawa, discovered at age 13 by the late Alexander Schneider on the recommendation of pianist Mitsuko Uchida, has since established her own unique musical voice.  Schneider engaged her as soloist with his Brandenburg Ensemble at the opening concerts of Tokyo's Casals Hall; later that year, Schneider presented 14-year-old Ms. Aizawa in her U.S. debut concerts at the Kennedy Center and Carnegie Hall, performing Mozart's Concerto No. 12 in A Major, K. 414, with his New York String Orchestra.


Praised by the NY Times for her “impressive musicality, a crisp touch and expressive phrasing,” Ms. Aizawa has performed in solo and orchestral engagements throughout the U.S., Canada and Europe, including Lincoln Center's Avery Fisher Hall, Boston's Symphony Hall and Chicago's Orchestra Hall. Highlights of recent seasons have included acclaimed performances with the New Japan Philharmonic under Seiji Ozawa, the English Chamber Orchestra under Heinz Holliger, the Festival Strings Lucerne in Switzerland under Rudolf Baumgartner, the St. Paul Chamber Orchestra under Hugh Wolff, the Curtis Institute Orchestra with Peter Oundjian, the St. Louis Symphony under David Loebel and a wonderfully received performance with the Vienna Chamber Orchestra. Ms. Aizawa also has a great interest in exploring unusual repertoire. In October 2007, the St. Paul Pioneer Press described her performance with the St. Paul Chamber Orchestra conducted by Hans Graf "the Salieri Piano Concerto in C was played so splendidly by Rieko Aizawa. Hers was a graceful reading. .... Aizawa's performance lent the work a respect it rarely receives." In the same year, she received the Washington Award.


As a recitalist, Ms. Aizawa has been heard in many North American cities, including New York, Philadelphia, Washington DC, St. Louis, Seattle, Boulder, Los Angeles, Houston, and Toronto; at the Caramoor International Festival; at Lincoln Center's Mostly Mozart Festival; Ravinia Festival, Gilmore Keyboard Festival. Following a recent all-Beethoven recital in Dresden, Germany, a reviewer wrote: "Her listeners followed her playing -full of details and delicate contrasts- breathlessly." Ms. Aizawa recently has started her "Prism" series in Japan, with tributes to Beethoven, Brahms and Schumann, and specially commissioned works for each program. She also will continue her exploration of Beethoven's music with a Beethoven cycle at Rutgers University in New Jersey. In 2006, Ms. Aizawa performed a series of all-Mozart recitals, a project jointly presented by WFMT-Chicago and Fazioli.


An avid chamber musician, Ms. Aizawa has performed with the Guarneri Quartet, the Orion Quartet, the Shanghai Quartet and the Amelia Piano Trio, and she has appeared in numerous festivals, such as the Marlboro Music Festival, U.S.A.; the Kammermusik Festival Moritzburg, Germany; and the Evian Festival, France. She also has been a guest artist of Boston's, Philadelphia's and Seattle's Chamber Music Society. Ms. Aizawa is a founding member of Horszowski Trio as well as the prize winning ensemble Duo Prism. Ms. Aizawa became the artistic director of the Alpenglow Chamber Music Festival in Colorado in 2010.


Ms. Aizawa received her Masters Degree from the Juilliard School, where she worked with Peter Serkin. She is also a graduate of the Curtis Institute of Music in Philadelphia, where she was awarded the prestigious Rachmaninoff Prize and studied with Seymour Lipkin, Peter Serkin, and Mieczyslaw Horszowski as his last pupil. March 2005 marked the release of Ms. Aizawa's first solo recording on the Japanese label Altus Music - a tour-de-force CD of Shostakovich's and Scriabin's "24 Preludes." Her second solo CD, of Faure's and Messiaen’s preludes, will come out in 2013.


Ms. Aizawa lives in New York City, and she is on the faculty at Longy School of Music of Bard College. Ms. Aizawa is a Steinway Artist.




相沢吏江子


宝塚市生まれ。

5歳よりピアノを始め、大里安子、後に桐朋学園子供のための音楽教室で山田朋子に師事。1986年第40回日本学生音楽コンクール小学校の部で全国第1位受賞。

88 年内田光子の推薦により、カザルスホールのオープニングシリーズにおいて、A.シュナイダー指揮ブランデンブルク・アンサンブルと共演。同年夏、同氏の熱 い推挙により、室内楽のメッカ〈マールボロ音楽祭〉に史上最年少で参加する。さらには、ケネディーセンターとカーネギーホールで、ソリストとしてアメリ カ・デビューを飾り、ニューヨーク・タイムズ、ワシントン・ポストの両紙に高く評価された。翌年、カーティス音楽院に留学し、M.ホルショフスキーの最後 の弟子となる。94年ラフマニノフ賞を得て卒業後、ジュリアード音楽院大学院に進みP.ゼルキンに師事、96年修士課程修了。この間、ニューヨークのリン カーンセンター、ボストンのシンフォニーホール、シカゴのオーケストラホールでも演奏、又ニューヨークのモストリー・モーツァルト、シカゴのラヴィニア、 フランスのエヴィアン、スイスのルツェルン等の音楽祭にも招待される。

これまでにウィーン室内管、イギリス室内管、サンフランシスコ響、セントルイス響、セントポール室内管などと共演している。室内楽ではグァルネリ弦楽四重奏団との共演他、ホルショフスキー・トリオデュオ・プリズムそれぞれの創立メンバーとしても活動を広げる。2001年のドイツ・ドレスデンでのベートーヴェン・シ リーズのリサイタルでは「彼女の出す、優美なコントラストと細部まで満たされた演奏に、息を飲んで聞き入った」と地元紙の賞賛を得た。03年9月10日 に、ズッカーマンが中心になって行われたニューヨーク、グラウンド・ゼロの聖ピーター教会での、テロのためのベネフィット・コンサートへの出演、国連での 演奏、度々行っている現代曲の世界初演、ニュージャージー州立ラトガー大学でのベートーヴェンのソナタ全曲チクルスなど、着々とそのキャリアを積み重ねて いる。 06年は、オール・モーツァルトでシカゴのWFMTラジオ局、ファツィオリ社の協賛で生演奏でラジオ放送のために演奏他、07年の秋は、ハ ンス・グラフ指揮でセント・ポール室内管とサリエリの協奏曲を自らのカデンツァで演奏し絶賛されるなど、普段あまり取り上げられることのないレパートリー にも積極的に取り組んでいる。07年、ワシントン賞受賞。

日本では97年1月小澤征爾指揮新日フィルと共演、同年秋にはカザルスホールの10周年記念として本格的なデビュー・リサイタルを行う。03年9月からの3 年連続での企画では、偉大な作曲家にスポットを当て、同時にそれぞれとゆかりある現代作曲家にオマージュのコンセプトで委嘱し、それらの新曲を古典の作品 と組み合わせるいう、二つの時代が調和された中で新しい作曲家像を描くリサイタル・シリーズ「プリズム」を始め、話題を呼んだ。その第1回ではベートー ヴェンをとりあげ、西村朗の新作「夜の呪文」を、2回目のブラームスでは猿谷紀郎の新作「錯覚 しかし 自由にしかし楽しく」を、最後はシューマンのプロ グラムの中で、D.コールマンの「ナイト・シンギング」を世界初演した。また、栗東芸術文化会館さきらの「レコーディング&コンサート」企画の第一弾とし て、スクリャービンとショスタコーヴィチの「24のプレリュード」を録音。ソロ・アルバムデビューCDとしてアルトゥス・ミュージックから05年にリリー スされ、音楽誌上で高い評価を得た。今シーズンには、同社とのメシアンとフォーレのプレリュードのリリース予定。

2010年、コロラド州のアルペングロー音楽祭の芸術監督に就任。 ニューヨーク在住し、演奏活動のかたわら、バード大学ロンジー音楽院で後進の指導にもあたる。

スタインウェイ・アーティスト。

© 2008-2017 Rieko Aizawa

www.riekoaizawa.comhttp://www.riekoaizawa.comhttp://www.riekoaizawa.com/shapeimage_2_link_0

Welcome     About     Press     Schedule     CDs     Listen & Watch     Contact & Links